こんな日が来るとは・年金請求しました

   

いよいよ年金請求が本番を迎えてしまいました。

 

誕生日の前日からでないと受付されないし、住民票や戸籍抄本の発効日その日以降の発行でないといけないらしいのでちょっとややこしい。

取り急ぎ今日は、本籍地の市役所に戸籍抄本の発行郵送で依頼しました。

また、別枠の厚生年金基金の「支給停止事由消滅届け」なるものも郵送しました。

厚生年金基金のほうはすでに貰っていると思っていたから、「また来たのか?」という感じでした。

多分基金のほうも2段階になっているのかなとは思いますが、頂けているので深くは考えないことに。

こっちは3月に基金解散後、厚生年金に吸収された後に一括で幾らか還元されるのもあるらしいが、1~2年ぐらいかかるらしい。

期待せずに待っておくことにしています。

 

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

 

untitled

 

遠隔地の戸籍謄本は郵送で取り寄せることができる

 

私の本籍は実家の住所にしているので。これまで戸籍謄本などが必要なときは家族に頼んで送ってもらったりしていました。

しかし家族もいなくなった今となっては、こっちに移転させないと不便だなと、考えていました。

でも、これ、郵送でも取り寄せることができるのですね。

ネットで調べたらすぐに解決してしまいました。

本人確認とか支払いがあるから無理だと思い込んでいましたが、簡単にネットで請求できるようです。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

 

自治体によって違いがあるかも知れないので確認したほうが良いのでしょうが、私のケースでは、「本人確認の免許証等」及び発行手数料は「郵便為替」にて同封、返信用封筒にも切手を貼って送れば郵送で取得できるようです。

万全を期すなら簡易書留で送るのが良いのでしょう。

今回はそこまでしなくていいか、ということで普通郵便で送りました。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

後残すところは年金請求本体のみ。

来週になったら住民票も取りに行って、今日の戸籍抄本その他を添付して送るだけです。

やり直しになったら面倒なので失敗のないように何回も見直しました。

特に添付書類の確認がやっかい。

みなさん間違えずに提出しているのでしょうか。

それとも年金事務所に出向いているのですかね。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

これで、一区切りはつきますが、でも当然ながらこの年金だけでは生活できません

今のところはまだ会社にぎりぎりぶら下がってますが、いつまで居れるか分かったものじゃないので他の手段も考えないといけません。

それにしても、ちょっと前までは定年退職する人って、消耗しているか、なんだか諦めた人、あるいは安定の極みにいる人、というイメージだったけど、自分はまだまだ若いという感覚なのにそこに来てしまっている今が信じられません。

凄く自己イメージと現実にギャップを感じます。

まだまだ何でもやれる気がするけど、出来ないこともたくさんあるのだろうな。

実際、某資格試験の発表が先日あって今年も落ちたけど、さすがに来年もまた受ける気はしないものね。

気持ちに(経済的に)ゆとりがないとあれを続けるのは無理ですから。

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのシニア, 定年退職など ,