もっとも集中して書き物や勉強が出来る4つの場所

   

時間がないほど

 

「時間がたっぷりあるからといって勉強がはかどるわけではない」とは、よく言われている言葉です。私も学生の頃から散々言われてきました。

タイムアップで未完のままだけど、行政書士試験の勉強をした経験から、そしてまた最近は割りと時間の都合をつけることの自由度が増したという現況から、確かにその通りと思います。その人の意志力にもよるのだろうけど、私は時間が5倍あるからといって5倍の集中力は持続させられません。結局のところ5の時間があっても1の学習効果、あるいはそれ以下というのが実際か。

まぁ、だから行政書士試験も突破できなかったのだろうけど。

 

自宅での学習は最悪

 

特に、時間が増えた場合、自宅での学習時間が増えるわけだけど、この自宅での学習というのがくせもの。たいていはテレビをつい見てしまったり、他の誘惑に駆られたりで、もっとも集中できない場所です。
そりゃ、書斎があったりするような環境だとまた別なんだろうけど、うちの環境はテレビの横に小さいデスクですから・・。
これも、単なるないものねだりなのだろうけど、机の上に本数冊と、ノートを広げられる広さがあればなぁといつも思っていた。
畑の小屋に一人で行けば、そこそこ集中は出来るだろうけど、遠くて現実的じゃないな。行ったらすることがいっぱいで落ち着いてデスクワークなどできないだろうしね。

 

 

分厚い本

 

 

1:図書館

 

これじゃぁだめだと、図書館にも行ったが、もともと自習禁止の図書館だから机が少ないので、たいてい席がない。大きな多人数用デスクなので、座ったとしても落ち着かない。
前記事にも書いたように、暇そうな人ばかりいるので、言い訳になるのだろうけど、こっちの緊張が保てません。

 

図書館で時間を潰している方にオススメしてもいいかな

 

2:カフェ

 

じゃぁ、どこが集中できる場所なのか。
一つはスタバドトールなどのカフェです。こっちのほうが余程ざわざわしているはずなのだけど、なぜか集中できる。弱点はスペースが狭いのであまり広げられないこと。人気店だとほぼ席を取れないこと。だから、実際にはスタバよりも圧倒的にドトールが多いです。

 

3:穴場のコーヒーショップ

 

あまり、立地の良くないカフェが狙い目です。ドトールでさえ席がないときの為に、最近、地元のチェーン店じゃないカフェを開拓しました。喫煙席在りですが、電源コンセントが付いていたりして割と使い勝手のいいお店です。店員さんが可愛い子ばかりなのが唯一、集中妨害要素ですけど。ただ、カフェ勉はお店の目も気になるので30分から一時間が限界です。すわりのあまり良くない座席で身体を動かすことが出来ないところからも、限界は1時間程度でしょう。

 

 

カフェと猫

 

 

4:電車で立ち読み

 

カフェと同程度、感覚的にはカフェよりも集中できていると感じるのは電車の中です。しかも、つり革を持って窓に向って立っている状態がベストです。
座ったらだめです。座った場合7割以上はうとうと状態から寝ている状態になっています。そうじゃなくても、座ると横や前にいる人が気になるので集中力半減です。

もともと、座ると左右や前の人の言動が以上に気になるたちなので通勤時は特に前の席が空いても座らない人です。だから当然、学習も立ってやるのがベストなのです。立っていたら周りにもイラつかないし結構騒がしくても集中できるのが不思議なところです。

イヤーホンとかイヤーパッドもしているほうが落ち着かないぐらいなのでしていません。
疲れ果てない限り、集中できるのでJRの環状線にでも乗れば1時間以上はできるかな。
ただ、足よりも手のほうが疲れてきます。

特に大判の分厚い本とかを持つと、長持ちしないみたいですね。

通勤時間じゃなければ、混んでない時は座るのもありだから、今度環状線に乗ってどれぐらいできるか試してみようか。

 

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - Profile, 趣味でワクワク , , ,