週末田舎通いを長く続けられる距離はどれぐらい

   

片道55kmから75km

さて、週末田舎暮らしをすることになった場合、毎週ストレスなく通えて、長続きできる距離はどれぐらいまででしょうか。

私の場合、当初は片道75kmぐらいでしたが、その後引越ししたので現在片道55kmです。時間で言うと今は1時間半弱かな。大阪から通っていた頃は、一箇所渋滞地域があったので、特に帰り道混雑することが有り、その場合、3時間掛かることもありました。
さすがに毎週はきつかったので、その頃は2週間に1回ぐらいが多かったと思います。

 

朝日

 

高速道路より山道

今通っている55kmは、高速道路を使わずに山道を走っています。高速道路を使っても時間はそれ程変わらず、利用するとしたら中国自動車道を通らないといけないので、とても混む事があり、時間的に安定しません。その点山道だと、信号は数箇所、ほぼ渋滞するところ無しで、時間的にもとても安定していて確実です。

同じ時間が掛かるのなら、単調な高速よりも、山道は景色も楽しめて、はるかに楽しくていいですよ。たまに災害崩落していることもありますけどね。

 

西軽紅葉

 

55kmでもしんどくなったこの頃

その距離を、毎週13年間、週末に通い続けてきたわけですが、さて、そろそろ疲れてきているのも事実です。
私の場合はまだなんとか頑張って通うことは可能ですが、さぁ帰ろうかと思い立つ時間が9時も過ぎるとさすがに嫌になることもあります。
これが70過ぎるとしんどくなるようで、畑の作業よりも運転がきつくて止める方も多いですね。
地元の方は別として、遠くから来ている人の中では私の55kmというのは近いほうです。やはり70km前後が多いようです。

 

2時間がぎりぎり限界か

毎週通う場合、どれぐらいの距離が限界かということですが、書いてきたように年齢や道路環境の条件などにも左右されるので一概には言えませんね。ただ、全部高速でという場合もありえますから、ものさしは距離よりも時間になると思います。
若ければ一般的に言って2時間ぐらいですかね。でも、この2時間はかなり情熱のある場合に限られそうです。ここでの、1時間半と2時間の差はかなり大きいです。2時間に近くなるほど、毎週継続するとストレスの積み重ねが増えてきそうです。

高速道路の2時間だと、距離にしてだいたい150kmぐらいでしょうか。なんとか休憩せずに走れる時間です(私の場合)。
ざっと地図で150kmを見てみたところ、大阪を中心にしてみるとちょっと行きたくないなという範囲まで広がります。
滋賀の果てから、兵庫は日本海、和歌山の端、徳島の端っこぐらいです。日帰りで畑をするのならちょっと遠慮したい距離ですね。

 

実家通いなら2時間ぐらいがちょうど良い

ところが、実家へ行き来する距離という事になると、2時間というのはストレスなくちょうど良い距離になります。
うちの実家は自宅から休憩込みで3時間半から4時間半です。ちょっと遠いのです。
子供が小さいときや要介護の時代は、本当に実家が近くにあったらなと、切に思ったことが何度もあります。日帰りで行き来したことも何度もありますが、そうそう何度も続けて出来るものではありません。
時間だけではなくコストも掛かります。私の場合は、特に、実家に帰るには瀬戸内海を越えないといけないので、高速料金も橋の分だけ余分に掛かります。今で往復20000円ぐらいです。これでもプリウスになったのでガソリン代はかなり下がっています。

 

瀬戸大橋

 

 

近すぎてもうっとおしいのが親子関係

ここでの、4時間と2時間、そんなに変わらないようですが大きく違いますね。2時間だと休憩も不要だし、明るいうちに帰ることもできるので、ほぼストレスフリーですが、4時間になると、自宅に戻るとほっとする程張り詰めます。
ただし、それなら近けりゃ良いのかというとそうでもなくて、10分や20分で行ける距離ではだめなのです。最低でも1時間ぐらいの距離感は保ちたいという気持ちもしっかりと定まっていました。親子間って、それぐらいの距離感があるほうが上手くいくと思いませんか。

 

法皇

 

Uターンを考えたのは実家通いに悩んだ頃

実家で家族が大変な時期には、間にもう一軒家を持つとか、移住するとか、本気でいろいろなことを考えました。ちょっと帰ってくると言える距離ならどんなに良いだろうと真剣に思いました。思えば、田舎暮らしをしたいとか、Uターンしたいとか思うようになったのは、そのころに端を発したような気がします。

保存

保存

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - 家庭菜園を楽しむ, 田舎暮・町暮 , , ,