田舎移住?マジか!と本気で思ってしまうこの頃

   

高級でないがとても便利なハウスに住むと、

 

私が住むのは、大阪駅から30分程のK市という非常にコンパクトな町の駅前マンション。
路線はJR、私鉄の2系統が利用できて、いずれも自宅から歩きこみで30分弱で大阪梅田に出ることができます。
乗車時間だと25分弱です。先日など1時半からの映画を観に行くのに1時に家を出てしまいましたが、予告時間10分が終了する直前になんとか座席につくことが出来ました。

都会と逆方向は10分車で走ると、木々が生い茂る環境となり、20分走るとほぼ田園風景に囲まれることになります。

マンションからは4分で総合病院、ショッピング街、銀行、図書館。5分で市役所、郵便局などが在って、手を伸ばせば公の処理がなんでもできそうな凝縮された世界に住んでいます。

一応兵庫県ですが、大阪府の境目まででも歩いて10分ですね。要するに非常に便利で堕落するのには好都合なところに位置しているわけです。

 

 

霧とマンション

 

暑さ寒さ、安全に悩むこともなく

 

おまけにマンションは、コンシェルジェがいて、セキュリティもちゃんとしていてベランダのサッシは2重ガラスで、室温は真冬でも暖房無しで15℃以上、20度近くは確保できるし、夏場は屋外のように風が吹き抜ける。
だから夏場のエアコンは総合計で2時間ぐらいしか使わないし、冬の暖房は一番小さいガス暖房を朝に30分ぐらい使用する程度です。
それ以外は2畳ぐらいの電気カーペットですか。床暖も2面ありますが、当然使っていません。この10年間でスイッチ入れたのは20分ぐらい。
夏場はともかく、冬場は寒々としている我が家です。

 

不便なところは週末だけにしたい?

 
n
そんなところでぬくぬくと10年以上も暮らしてきたもので、近頃は駅が近くになくて、バスが一日に何回かしか来なくて、リフォームしても建て付けが悪くて、出入り口のたくさんあるような家に本気で移住することが考えにくくなってきているのです。

週末にチョイと行って、1日、2日過ごすのは問題ないけど、そこに住み着いて逃げ場がなくなるのはなぁ~。
想像すらしづらくなってきています。

「もうわしらの時代は終いで。
口が肥えてきちょって、こう寒さが堪えるようになってはのぅ」

映画「仁義なき戦い・頂上作戦」より

・・・?ちょっと系統が違う引用だったか、・・・。

 

堕落が始まっている

 

そりゃ、ここにいたら何かを自分でやっていく楽しさは少ない
でもとりあえずテレビ見たりDVD観たり、映画観に行ったり、ご飯を食べに行ったりして、のほほんと暮らすことはできる。
災害や犯罪の心配もそれ程する必要がないし、もう死ぬまでここでええやないかと、開き直りかけたりもするこの頃です。

 

このままここで呆けて死んでいくのか

 

最近、ちょっと離れたところに新しいマンションが出来たが、どうも入居率が悪いみたい。
それに比べるとここのマンションは10年経っても価格が落ちないし、出て行く人も非常に少ない

皆、このハッピートラップみたいなマンション堕ちていって、ぬくぬくと呆けて死んでいくのかなと思うと、これはいかん!何とかせねばと、時折思いはするのだが・・・。

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - Profile, 田舎暮・町暮 , ,