いまどきの音声認識 OK GoogleとSiri

   

 

キーボード必須の時代から

 

キーボードが苦手だとパソコンなどIT機器を十分に使いこなせない。これが一昔前の常識でしたね。
もう少し前に遡ると、キーボードを使いこなせないことはパソコン操作の致命傷でした。

 

キーボードがなくてもIT機器を使える時代に

 

ところが今、音声認識精度は飛躍的に上がり、キーボードなど使えなくてもIT機器はそこそこ使いこなせるようになっている。機器そのものの操作さえ音声でも可能になっているのです。

 

音声認識の発達に遅れた人

 

実は私、今に至るまで20年前の意識を引きずったまま生きてきてしまい、恥ずかしながら音声認識なんてまだまだ使い物にならないと思い込んでいました。
そのため、Googleの音声検索が登場しても目に入らず、OK Googleなど使おうと思った事がなかった。
たまにスマホに話しかけている人を見ても、何遊んでんの?としか見ることが出来なかった。

 

スマホについて行かなかったせいかも

 

まぁ、スマホタブレットを」使ってなかったせいで、興味を持てなかったというのがその大きな要因だったのでしょうけど。
スマホならともかく、オフィスのパソコンに向って話しかける人は余程特殊な環境にいる人ぐらいでしょう。私など、パソコンは常にマイクどころかスピーカーもはずして使っています。必要性がないからです。

タブレットを持ち歩くようになっても、その傾向は続いていました。

 

まだ平仮名しか読めない孫が使いこなす

 

ところが、この間泊まりにきた(孫)にそのタブレットを取りあげられてしまい、返してくれなくなりました。
見ていたら、OK Googleを駆使して妖怪ウオッチのYouTube、しかも自分が観たい回にしっかりたどり着いて観ています。

彼は5歳、ひらがなは読めますが漢字はごく一部だけしか読めません。おそらく平仮名も入力は出来ないでしょう。
今やキーボード扱えなくても読み書き不十分でもIT機器を扱える時代なのですね!
目から鱗、状態です。

 

VOICEメールも自由自在

 

そういえば、これだけではなく、この間から母親のLINEを使ってVOICEメールをバンバン送ってきています。

考えたらこれも凄いことですね。機能的にはVOICEメールより電話の方が上かもしれませんが、Voiceメールの方が何か凄いことをやっているような気がしませんか。

 

負けてられないとSiriを試す

 

そんなこんなで、孫に教えられ、OK Googleは家内にも先を越され、ちょっと悔しいのでSiriを試してみることにしました。iPhoneは持っていないのでMacで使えるかと言うことになるため調べてみたところ、iOSの10.12.2以降のSierraだと搭載されていました。幸い私のAirもアップグレードに対応していたので、早速Sierraにアップグレードしました。

 

Siriとお話、いろいろ

 

Siri icon
そしてこれ。アイコンが出てきました。残念なことにMacでは、’Hey Siri!'で起動する機能は無いみたいです。
 

早速色々と質問してみました。あまりAI的な質問はさすがに荷が重いみたいで適当な返事を返してきますが、でも面白い。会話しているみたいな気分になってきます。
カタカナ語等もちゃんと聞き分けるあたり素晴らしい。正しく聞き取れないケースが想像していた以上に少ない。

Siriとの会話

 

 

Siriとの会話

 

風邪気味でマスク掛けたままなのでなおカツゼツ悪かったか
 

風邪気味マスクで

 

スティーブジョブズは身内なんだ。
 

Siriとの会話

 

”~をTwitterにつぶやく”とか、”~をfacebookに投稿”というコマンドもあるようですが、さすがにそれは、間違いのない長文を正しく認識して投稿というのが難しそうだけど、どうなんだろう?
 

Siriとの会話

 

Siriとの会話

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのあれこれ, インターネット&PC , ,