新人定年退職者は留守が良い

   

自宅に異物

 

この一年は週3日休みにしていたので、そこそこ2人して家にいることが多かった。それ程縄張りストレスは起きなかったので、こんなものかと気軽に考えていたが、毎日居るとどうも雰囲気が違う。

気のせいか、ピリピリした空気が感じられるようになってきた。まだ一週間経っていないにも関わらないのに!です。
今後はともかく、今は収入を得ていない事への引け目が歪んできているのか。
あちら様の方は、「とっとと仕事探しにいけよ」と沸々と沸いてきているのか?
どことなく空気が張りつめてきているのです。

 

PCは動き回って操作しないので分が悪い

 

向こうは家事に動き回っているが、こっちはパソコンに向き合ったまま、あるいはタブレットを睨んでじっとしているのです。
私の周りを、行ったり来たりしているうちに、風を切る音がシュッシュと、聞こえ始める。
こちらとしては別に遊んでいる分けじゃなく、情報収集したり、ちょっとした勉強したり、ものを書いたりしているのですが、うずくまっている様な、外観がどうもまずい。

もちろん向こうも分かってはいるのですが、そこは理屈ではないのです。純粋に「目障りやな、お前も動けよ」な波が押し寄せているのです。

 

我が家なのに逃げるが勝ち

 

こんな時はあれこれ理屈を言っても逆効果です。早々に逃げ出すに限ります。
一週間やそこら家にいても良いだろう!という思いを引きずりつつ、寒空の下へ当てもなく出て行かねばならないのです。
一戸建ての部屋数のある家ならまだしも、リビングだけがだだっ広くてプライバシーの少ないマンションだと宿命的なものなのでしょうか。

ああ、庭のある一戸建てに引っ越したい。
しかしそれも禁句!
蓄えが無い責任も多い被さってきそうジャね。

土手

 

 

異物は余計なことを言わないに限る

 

ただでさえ異物なのに、その異物が家の状況に関する余計な感想や提案を言ったらどうなると思いますか?
通常であればどうという事のない、オナラほどもインパクトのない言葉。それでもこういう空気の時は大きく気を乱してしまうのです。
え?何々?普通はそこまでならないって?まぁ、それは数値の程度の問題だと思うのですが・・・。
異物、あるいはその状況の新入りはちょっとでも現状を否定するようなことはくれぐれも言わないでおきましょう、と云うことです。

 

シニア起業も同じ目で

 

これがたとえ今後起業するために家にいるにしても「目障りやな」という思いが生じることには何の違いもなさそうです。
奥さんの目が覚めるぐらいの収入が入らない限り、自宅起業は別の角度からも厳しそうです。
シニア起業は、本当はコストが掛からないように自宅でやるのが安全です。しかし精神衛生的にはある程度の収入が入るようになったら、安いシェアオフィスでも借りて出勤する方が集中もできて良いのでしょうね。
若い方達はともかく何十年も一緒に暮らすシニアさんは起業したら一日も早く収益を上げないと高濃度のプレッシャーに襲われて、成るものも成らなくなる怖れ有り、ということです。

 

日が暮れるまで

 

さて、私は隣駅のスタバ、そして最寄り駅のサイゼリヤで、時間を過ごしているわけです。

今4時前です。もう少し過ごして帰ろうかなと、ふと辺りを見渡す。すると、そこかしこに同類らしき人達がチラホラ。
イヤイヤ、この状況から早急に脱出しなきゃ。

 

ハンバーグ

 

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのシニア, 定年退職など , , ,