定年から始める投資は儲からないのが丁度良い

   

退職後金が無くなってから投資を始めた

 

これまで、株の売買等の金融投資というもの、一切やっておりませんでした。
最大の理由は、投資するゆとりがないと思っていたこと。
奥方が現金と銀行以外信じていなくて、カードさえ使わない人だったこと。
会社などに、そこにべったりの反面教師がいたこと。
等々により、ついに在職中は投資することがありませんでした。

マネー

 

ゆとりが有ったら失敗していた

 

まぁ、それはそれで正解だったと思っています。お金に少々のゆとりでもあると、ついついハイリスク・ハイリターンに求めてしまう性格なので、アバウトな金銭感覚だったあの頃に始めたら、確実に失敗していただろうなと思います。

 

月々3000円で

 

そんな私がこの度の収入の無い時期に株の口座を開設してしまいました。
きっかけはこの本です。

はじめての人のための3000円投資生活 横山光昭著 アスコム出版

そうなのか、毎月3000円の積立で投資しても良いのか!と目からウロコが2枚ぐらい落ちたのです。
もちろん、月3000円を続けていたら何百万も貯まるわけ無いですよ。ただ、何というか、月々3000円しか出せない状況で終わらせないぞという強い思いが沸き上がってきたというのが本当の所かな。今は3000だけど、そのうち絶対に何万も積み立てられるようにして見せてやろうじゃないか、という・・・。

 

月々3000だけでは何百万に化けません

 

この本にも、3000円で儲かるとかそういうことは書いてません。あくまでも3000円は金銭感覚を養ったり、節約や僅かでも資産を増やすということを身につけるためのきっかけだということなのです。積み立てもある程度たまり慣れてきたら、積立額を増やすとか、別のもう少しリターンの良いものを少しずつ買い足すとか、そういうことを後々はやっていかないとそれほどは増えないという事です。

 

俄小金持ちのハイリスクハイリターンは論外

 

定年退職すると普通の人は退職金などまとまったお金が入ってくる人が多いですね。「おお、ちょっとゆとりがあるから株でも買おうかな」と、ここでそう思う人がそこそこいるのじゃないかと思います。
しかし実はそういう人が一番危険なのです。
生半可な知識でリターンを求めるものだから、危険きわまりないです。営業ワードに引き込まれて、リターンはあるが手数料も高い商品に踊らされたりするのです。
実際にお金があってゆとりを感じていますからハイリターンを求めて冒険してしまう人が多いのです。
にわか投資家は、ハイリスクハイリターンには決して手を染めてはいけないのです。

 

実際に利益を出す3タイプの人

 

株でじっさいに利益を出せる人は、次の3つのたいぷぐらいですか。
長期戦でひたすら寝かせている人。あるいは投資額の大半をそういう商品にしている人。
勘も働き情報に長けていて、膨大なエネルギーを注いでいる、プロですね、そういう人。
あるいは幸運を持っているけど調子に乗らない人。

 

 

素人の典型

 

普通の人はたまたま運良く大儲けしたら、今度は儲かった分ぐらい、投資額を増やしてまた投資します。また儲かったら、また増やして投資する・・・・・・。と言うことをやっているうちに暴落が起きて、慌てて引き上げてしまうのです。

 

時間をかけて率の良い貯金程度を求める

 

で、私たち、お金のないど素人はどうすればいいのか。まず手数料の安いインデックス型投資信託積み立てで購入します。そして手をかけるのは積立額を上げたり、たまにはリバランスするくらいにしておきます。そして、市場が暴落しようが、そのままにしておき10年位は置いておくと利益が3%から5%程度に均されるという。

暴落して5年から10年で市場は持ち直し、その期間も均等額を積立し続けることにより口数が増えるので時間さえあれば、率の良い貯金以上にはなると云います。ただ、暴落しても精神的に耐えられる、ゆとりのある金額でないと苦しいでしょうね。

そうなると始めるのは早いに越したことはない。この年から始めたのではちょっとリスクは上がります。しかし、ムダなお金を使わないように、一円でも利益が上がることを良しとする習慣がつけばそれでも十分な目的になるとは思いませんか。

ど素人がネット証券口座開設してみたらマイナス49円に

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのあれこれ, お金が絡む , ,