ど素人がネット証券口座開設してみたらマイナス49円に

   

20日目の損益

 

まだ1ヶ月経っていないけど、3000円積立素人投資の結果はマイナス49円となっています。こうやって頻繁に損益を意識するものじゃないと言うけど気になりますよね。

 

SBI_2017-4-4
実はなぜこの金額になったのか理解できていません。

 

外国株、1200。
日本株、600。
外国債券、日本債券も600ずつで配分したはずです。

なのになぜ個別の割合が、こんなに変化が大きいのか良く分からない。最初は全部均等割合にしていて、指定日前に変更したのですが、それの影響?

それにしてもこんなに大きく変動はしないでしょう。全体を見れば、まぁこんなものか(\3000>\2950)と納得できる割合の変動だから良しにしといても良いのですが・・・。
いずれにしてもボリュームがこの程度なので、損をしようがほとんど気にならないレベルの投資です。

 

定年から始める投資は儲からないのが丁度良い

ネット証券の選択

 

私の場合はSBI証券に口座を開きました。
全くの素人なのでどこがいいかとか判断のつく訳もなく、ここでも「はじめての人のための3000円投資生活横山光昭アスコム出版 に書いてある中から選択しました。

横山氏のお薦めはSBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券の4社。

私はSBI証券が一番手数料が安いようだったのでここにしました。

 

本人認証に若干の時間と手間

 

この辺りはすべて、窓口にいく必要もなく、担当と接する必要もありません。ネットだけで開設できます。
まずは「口座開設」から入っていきますが、本人確認マイナンバーの登録に若干時間がかかります。
SBIの場合、写真付きの身分照明とマイナンバー通知カードもしくはマイナンバーカードの画像をアップロードするか、郵送で送るかということになります。アップロードの場合でも本人指定郵便でID・パスワードを送ってくるので、取引開始までは1週間ぐらいかかります。
本人指定郵便というのは、郵便局から本人指定郵便が届いているという通知が来るので、その通知と免許証等を持って郵便局へ行くと受け取ることができるという郵便です。

 

貯金箱

 

特定口座か一般口座か?

 

口座開設時に特定口座にするか一般口座にするかを選択しないといけませんが、ここは特定口座を選択しておきます。
特定口座では、年間で20万以上の利益を出した場合損益計算して「年間取引報告書」を作成してくれますが、一般口座だとそれを自分で作成しないといけません。

 

源泉徴収は有り?無し?

 

また、ここで「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」も選択しないといけませんが、これは「源泉徴収なし」を選択します。

有りにすると確定申告もやってくれるのですが、20万以下の収益でも20%の税が自動的に徴収されてしまいます。最初から20万以上の収益を目標とするなら「源泉徴収あり」を選択しておくのが良いでしょうが、そうでなければ自分で確定申告しましょう。

 

バランス型かインデックス型か?

 

さて、取引開始になったら商品購入ということになりますが、見ていたら気が遠くなるぐらいたくさんの商品があるので、スルーしてバランス型インデックス型投資信託だけを見ておきましょう。

お金が有り余っている方々はともかく、お金のないど素人の方々は下手に欲を出すとろくな事ないですよ。
バランス型というのは日本株、外国株、債権などを組み合わせた商品です。インデックス型よりも手数料は上がり、組み合わせの変更もできません。せっかくなので、多少は手を入れられるようにということで、私はインデックス型にしました。

 

組み合わせ 手数料の安いものを選びましょう

 

さて、インデックス型の購入ということになりますが、とりあえず、日本株型外国株型日本債券型外国債券型を組み合わせて、それぞれ積立で購入します。それがどういう動きをするのかという事はご自分で勉強してください。積立は1円単位で積み立てられます。商品は売買の時だけではなく、保管手数料もかかります。我々は一応長期所有を目指しますので、保管手数料もできるだけ安いものを選びましょう。

積み立てのメリット

積立型の投資信託ということで、リバランスを考えるとき以外は何も考えなくて良いので、面倒くさがりの方にはピッタリです。例え市場が暴落しても焦らずに、売ったり下げたりしないで積み立てて置くことで利益の増加にも繋がります。ドルコスト平均法と言うらしいですが、株価が低いときは単位数が上がり、再び上昇するときには数が増えているので、より大きくなるのです。

 

元本が保証されているわけではない

 

インデックス型は、市場平均に連動しているので、市場が暴落すれば暴落します。でも、必ず5年、10年すれば回復上昇するというこれまでの実績を信頼して購入します。ですから絶対に元本を割らないものではありません。

10年以上できるかどうか分からない我々にはちょっと運に掛けないといけないところもあります。
May the force be with us. というところですね。

 

支払方法

 

支払いですが、sbi証券の場合はJNBの自動引き落としができなかったので、今のところ、直接的2ヶ月分振り込みました。
預金口座のようなものがあるので、それを開設するのが便利でしょうね。詳細はまだ見ていませんが、利率も銀行口座よりましなのかな?

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのあれこれ, お金が絡む , ,