今年の対モグラ戦は嫌がらせ程度に戦線縮小

   

網の目のようにモグラ穴

 
この季節になるとモグラの穴に悩まされます。
モグラが直接、野菜を食べたりするわけじゃありませんが、畝が空洞だらけになるとか、根や根菜を穴掘りのときに傷つけてしまったり。ミミズを食べられてしまいます。
ミミズは良い土壌を作ってくれるので食べられると困るのです。
 
それ以外にも、モグラ穴にネズミが入り込んで、作物を齧ったりすることもあり、こちらは直接の被害が起きます。

 

土を良くすればモグラも増える

 
困ったことに、モグラはミミズなどを食べにやってきますので、ミミズたっぷりの、発酵した良い土を作ると増えてしまいます。有機にすればするほど穴だらけになってしまうのです。

特定の畝は端から端までほとんど通路が走っている状態になって、さすがに野菜の生育には悪い影響を与えます。

タマネギの畝などは根元に穴が掘られるだけで、ヤキモキしますが、へたにその穴をいじると余計にタマネギに悪影響がでそうなのでそこの穴は放置しておくほかありません。

 

メイン穴とサブ穴

 
モグラの穴には、メインの通路とそうでない通路があるそうです。
メイン通路は潰されたらすぐに修復にかかります。メインかどうかを確認するには崩してみると良いようです。捕獲する場合はこのメイン通路に捕獲器を仕掛けておいたり、忌避剤をまいて置くという方法があります。

 

捕獲器も試してみた

 
竹で自作土竜捕獲器

 

 

自作土竜捕獲器

 
何年か前に、その捕獲器を竹で作ってみました。適度な太さ長さの竹を一節切って、前の節には1cm、2cmぐらいの穴を開けておき後ろの節はアクリルかなにかで前方にしか開かないような弁を付けておきます。

モグラは前にしか進めず、後ろに下がれないので閉じ込められてしまうというわけです。

ただ、モグラは目が見えない代わりに嗅覚や聴覚が鋭いのです。作るときには手袋着用して臭いがつかないようにして、作ってからもしばらくは風雨に晒しておくのが良いようです。

 

メイン通路を攻める

 
この捕獲器を設置するのはもちろんメイン通路です。私の畑通いは週一回しか行かないというのもあって、確認し辛かったため、適当に設置しました。

もちろんそんな簡単には向うも引っかかりません。せっかく作ったけど捕獲作戦は気乗りせずそれで終了です。

 

ガテン系

 
もしかかった場合は、取り出すときに噛みつかれますので気をつけてください。
穴掘りにエネルギーを費やすモグラは、エネルギー消費が激しいので食物を食べ続けていないと死んでしまいます。一日以上経ってから取り出すほうが安全でしょう。

 

サウンド攻撃

 

ソーラー土竜除け

 
もう一つ、音を出して、モグラを近寄らせないという方法もあります。
風車を作り地面に振動が伝わるようにしておくか、市販の音発生器を畝に挿しておくという方法になります。
私は太陽電池で動く音発生器を利用していますが、効いているのでしょうか?
 
そもそも太陽電池だと当然、日中しか働きません。
日中はあまり動かないモグラに効くわけがないように思えます。
下手な風車もペットボトルで作って見ましたけどこちらも気休めですね。

土竜除け風車

 

ゲリラ相手の戦いは消耗戦なので

 
地中にいて姿を滅多に見られないモグラと闘うのはなかなか難しいです。ゲリラと闘うみたいなものです。
今回は、勝利まで求めることはあきらめました。せめて多少なりとも進入し難くなることで満足というところへレベルを下げたものです。

 

トンネル露出作戦

 

境に溝

 

あぜ道側から畑に入り難くするために、その境に溝を掘りました。
ここの土地は山肌に薄く土を入れただけなので、土の層が薄いのです。だからこれぐらい掘っておくと下は石ばかりで通路は掘り難くなります。穴を掘り進めようとしたら外に出てしまう状態です。

 
まぁ、横から入ろうと思えば全開なので対策としては気休め程度のものです。でも、これで進入意欲が下がってくれればもうけものと云うところでしょうか。
念のために忌避剤も穴の中や周囲にまいておくつもりです。

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - 家庭菜園を楽しむ , , ,