家庭菜園をやるのなら自宅の近くがベストです

   

仕事以外にちょっと出枯れられる場所が必要

 

さて今、プレ体験して痛切に感じていること。
すなわち、仕事に行けなくなったときには何をして過ごせば良いのだろうか。という事については、いくら考えていても考えすぎるということはありません。今の環境でちょっと出かける場所がこんなに見つからないのなら、出来ること、楽しいこと、好きなこと、時間を忘れることはいくら在っても良いでしょう。ちょっと行ってくると言って出かけれる場所が必要です。

 

今借りている農園は1点を除き文句なし

 

hatake

 

 

今は畑をやっています。そのこと自体には問題ありません。野菜作りは、冬場は若干することが減りますが、全体的には何もすることがなくなることはほぼ無いのです。工夫を凝らす事だっていくらでもできる。
今借りているところは広さにも問題はありません。周囲の環境も山麓なので自然環境豊かで問題ない。ちょっと寒冷気味で沿岸に比べたら特に冬場の生育が劣るということも、それ程重大な問題じゃありません。

 

遠すぎて一日潰さないと行けないのが最大の欠点

 

問題は、そこが自宅から遠すぎて、一日費やさないと農作業できないということなのです。車で片道1時間半かかるということは、朝出て最短でも夕方帰ってくるというパターンになるしかないのです。時間が空いたのでちょっと草を抜いてくるということは出来ないのです。
これからは時間はまとめて使うのではなくて、細かく分断して利用する使い方のほうが、ライフスタイルに合うようになりそうです。ですので、農園もできれば歩きか自転車で行ける位の場所が良いのです。

 

電車でいける農園をプラスしてみようか

 

行政の広報を調べてみると、1件だけ募集しているところがありました。さすがに歩いてはいけませんが、電車でも1kmぐらい歩いたら行ける所です。車なら20分もあれば行けそうです。家内が車の運転をしないので本当は自転車距離がベストなのですけれど。

抽選になるでしょうから、ここへ行けるようになるかどうかは分かりませんが、今行っている農園はそのままに、こっちの農園もサブで借りておこうかと思います。広さは4分の1ぐらいなので、週に3~4時間作業できたら十分でしょう。時間が取れないようだったら単品菜園にでもしておくことが出来ます。

 

本当は本物の農地を借りたい

 

半アールで10数年やってきた私達だと、本来なら次は市民農園のようなところではなくて、本当の畑の一部を借りるのがベストなのですが、こればかりは、タイミングと出会いが無ければ難しいです。

家内の実家などはその形で畑を借りていて、玄関から5分のところに近所の方から1アールぐらいを借りています。文句の無い立地です。目の前だと気になりすぎて嫌ですが、5分の距離でも離れているというのが、なんともいえず最高のスタンスになります。
いずれはそういうところを借りれるように頑張って探しつつ、とりあえず近場で菜園できるように頑張るのです。

 

畑

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - 家庭菜園を楽しむ, 趣味でワクワク , ,