北近畿豊岡道路が開通したので神鍋へドライブしてみた

   

暇の負い目がマイナスを呼ぶ

時間が有り余っています。

とりたてて行かなければならない所も無いです。

そういうときは、たとえ機会が有ったとしても、必要が無ければ出かけたくも無くなるようです。

もっと他にすることが有るような気がして、なかなか遊びには出かけられません。時間がたっぷりあると思うと、有り難味が薄れて、何も今出かけなくてもと考えがちになります。
一番は、何もしていないのに遊びに行くのは後ろめたいと思うことです。
これらは、先を考えているようで、決してプラスにはならずにマイナスを引き寄せる法則にのっとっているのです。楽しくないほうへと自分を導く、有りがたくない自制なのですが、こういう状況にいるとなかなかそこから抜け出るのも難しいことです。

 

晴れて遊びに行く気も復活してきた

で、ようやく連休明けから再び通勤することとなった身としては、自動的にその呪縛から逃れることになり、遊びに行く気分も復活してきました。

凡人としては、状況が終わることによってしか気持ちは変えられなかったということです。やれやれ。
ただ、お金が潤沢で無い事実は変わらないため、超近場のお金のかからない所しか行けません。そもそもゴールデンウィークなので、予約が必要なところは思い付きでは行けません。

 

 

日高神鍋方面

今回は、兵庫県の北の方、3月に日高神鍋まで開通した、北近畿豊岡道路を走ってみることにしました。一応畑行きの延長線上にしておくと、何も面白いことが無かった場合、早めに戻ってきた畑作業できますからね。

 

北近畿豊岡道路

 
この道路、舞鶴若狭自動車道春日インターに繋がっており、また、和田山でも播但自動車道に繋がっているのでだだっ広い兵庫県の北部の人達にとっては便利な道路になるでしょうね。特に、この北近畿豊岡道路は有料道路にもできないインフラ道路なので、悲願だったのでしょうか。

 

竹田城址に人がいない頃

おかげで私も舞鶴若狭自動車道はそれこそ、舞鶴若狭へ行くときぐらいしか乗りませんが、こっちの方は、しょっちゅう和田山まで走っていました。
当時の目的地は竹田城址でしたが、竹田城址がメジャーになってしまうとテンションも下がり、このところは利用が激減しています。

竹田城址

 

あくまでも無料ドライブを

篠山口から乗ると春日までの料金がかかってしまうので、そこはいつものように下を走り、丹波の氷上インターから入ります。GWだから、多少は混んでいるかなとも思いましたが、そんな事も無く、天気は最高で、道路はゆったり。快適なドライブとなりました。

 

 

遠阪峠はロングアンドワインディングロード

 

遠阪峠旧道
途中は和田山の手前の遠阪トンネルだけ有料になります。トンネル通過時に、元道と思われる道路がナビに表示されていましたが、そのワインディングぶりに驚きです。こんな道を以前は通っていたのだとと思うと300円でこのトンネルを走れることを感謝!です。

 

ナビ無し不慣れな旅人は出口で激しく迷う

さて、新しい養父八鹿日高区間はトンネルばかりで、見るものも無いし、コストダウンなのかラジオも入らず、ちょっと単調です。ただ、トンネルは明るくて快適です。
和田山から先の道は、新しいので当然ナビには表示されません。いよいよ出る段階になると看板に頼るしかないので緊張します。
特に最終出口、T字路になっているのですが、その看板が地元民感覚の看板なのです。

地域に不慣れな、北兵庫をフラットな網の目状に感じてしまう、ナビ無し旅人は混乱します。せめて右「豊岡・出石」、左「神鍋・香美」って表示があればと思います。
そもそも、私たちもどこへ行くか決まってなかったので、余計迷いました。

 

神鍋山はなんと火山だった

 

スミレの1種?

 
今回は一番近そうな、神鍋に行くことに。ここでも、帰りの高速入り口に迷わないように目に焼き付けながら進みました。
幸いなことに、ほぼ1本道で、神鍋まで行くことができました。
シーズンでもないスキー場に行って何か面白いことがあるか不安でしたが、花が咲いていたり、蕨を採ったりと、結構楽しむことが出来ました。

不明

 

 

溶岩

 

神鍋山が火山で薄い土の層の下は溶岩であり、周辺にも何個かの火山がある火山群だというのも現地で初めて知りました。なんと火口もあったのには驚きです。神鍋山は1万~2万年前に噴火した、関西で最も新しい火山だそうです。一応「活火山以外の火山」に分類されますが噴火の可能性もゼロでは無いという事です。

神鍋山噴火口

神鍋山噴火口

 

 

結局帰りはキュウリの定植できず

 

神鍋山

そういえば、溶岩の上を歩いたのって何時以来のことだろう。

中国、四国、関西に火山があるという認識さえなかったと思う。

大山にしたって火山らしい部分に接触することはなかった。
そんな事に興奮してしまい、けっこう長い時間滞在。
おかげで、帰りに畑による予定はキャンセルとなりました。

キュウリやナスを定植するのはまたの機会に。

蕨、収穫。

わらび

ゼンマイもありました。

ぜんまい

 

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - いまどきのあれこれ, 定年退職など , , , ,