収入が少ないと愚痴る前に無意味で習慣的な消費を削れば?

   

飲食よりも低いシニア枠の時給

確かにシニア枠の求人なんて、給料で考えたらやってられない。
ほぼ最低賃金に近いものが大半なのです。年金をもらえる人が、それを足したところで、生活はできるというレベルであって、決して裕福な生活が出来るわけではありません。裕福な生活をしたい方は、また違う意識で、違う世界を目指さなければならないでしょうね。
私も、ここで満足しているわけではないのですが、これはこれで一つの選択として受け入れているので、この給料も一応は納得しています。

帽子とペットボトル
<h2>愚痴るばかりで節約もしない人

そうは言いつつ、それにしても安いなぁと、たまには愚痴も出るものなのだが、中には本気で、安い安い!と愚痴りっぱなしの方もいらっしゃる。
ただ、そういう方に限って、毎日、缶コーヒーを買って飲んでいたり、お昼はコンビニ弁当だったり、お店で食べたりしている方が多いです。
お昼は奥さんが作ってくれないというのもあるかも知れませんが、おにぎりぐらいだったら作ろうと思えば自分でもできるはず。毎日が難しければ、週に何回かからでもやろうと思えばできるでしょう。高額所得者じゃなくなったのなら、自分の食べるものぐらい、自分で作れるようになるべきです。

自分のことは自分でやるのが当たり前

だいたい、自分の身の回りのことぐらい、自分で出来ないのは甘えでしょう。自分でする時間が取れない場合でも、やむを得ず奥さんにやっていただいているぐらいの意識を持ってないといけません。ましてや、稼ぎがなくなるか、同等になったのなら家事も行うのが当然です。

タバコやコーヒー、お菓子、何も嗜好品は止めようと言っているわけではありません。タバコが吸いたいのならそれもいいでしょう。でも、収入が下がっているのなら、タバコの分、何か他の物、ジュースや珈琲など、自分にとってそれ程必要と思えない物を我慢するとかの努力が必要じゃないのでしょうか。
グチる前に、欲望垂れ流しは止めておいた方がよいのではないでしょうか?

本当に飲みたければスタバのコーヒーも飲むけど

私は珈琲は、毎朝自分でいれて飲むし、外でスタバとかもよく入ります。しかし、仕事中は珈琲もお茶も一切飲みません。水か白湯しか飲まないのです。じっくりと、味わうこともなかなかできない、仕事中に一息入れる意味が分からないからです。また、何倍もがぶ飲みしていたら身体にも良くないです。

コーヒーミル

無意味な習慣は見直しましょう

水分補給は水で十分じゃないですか。そして買い忘れない限り、ペットボトルの中身は、家で入れてきた水道水です。リラックスしてコーヒーを飲みたいなら、職場を出て外でスタバに入ります。
無意味なただの習慣をシェイプアップしていかないと、そのまんまだということです。

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

 - お金が絡む, 定年退職など , , ,