「 Profile 」 一覧

ウォーキング

健康とお金はシニアが楽しく暮らせるための双極です

2018/01/08  

シニアと言う年代は突然の病に襲われる可能性が高くなっているが、お金と健康はなるべく害されないようにしないといけない重要な要素です。常日頃から適度な運動を行って、できるだけ不健康から遠ざからなければならない

面接

いまどきシニアの再就職はやっぱりキビシーのだ

2017/04/06  

甘く見ていた再就職だが、やはり厳しい。受かる気がしない。でもめげずに自己暗示でテンション上げて奔走する60代

霧とマンション

田舎移住?マジか!と本気で思ってしまうこの頃

2016/11/23  

ぬくぬくと交通の便も良いマンションに長年住んでいたら、便利を捨てて田舎暮らしをする気力、勇気がだんだんうせてきています。このままではいけない、鍛えなおさないといけませんが・・。

コウノトリ

職を渡り歩いた根無し草のちょっと後悔すること

2016/09/16  

職を渡り歩いた私だが、近頃は一箇所に落ち着いている人を羨ましく思うようになってきた。転職を繰り返すと人の繋がりもぶち切れていて寂しく感じる。娘も渡り鳥系の娘へのアドバイスがGood。「ひとつ所に落ち着けない人間は人の誘いは受けないと友達なくすよ」

海の見える町

色あせた田舎移住の夢

2016/07/29  

田舎暮らしは、今や自分にとってそれほど魅力的なものではなくなっている。田舎は「生産と生活が分離せず、仕事と暮らしが一体となっている」という面では魅力的だが、年とともに色々な要件が重なり本気で移住までを考えることは少なくなってきた。

カフェと猫

もっとも集中して書き物や勉強が出来る4つの場所

2016/07/22  

時間は足りないときのほうがより集中して勉強できますが、場所も重要です。人によってその場所は違うのでしょうが、自宅がもっとも集中できません。集中できるのはカフェか電車の中です。電車の中でも立って勉強すると一番集中できます。

EOS-5dMk2

40年撮っているけど趣味でも仕事でもない写真

2016/05/31  

写真は今でも私の趣味なのだろうか。どこかへ出かけるといえば必ずデジイチを装備していくが、アートや表現としての写真からは遠ざかっていて記録の道具となってしまっている。好きとか嫌いというよりも、いまではすっかり身体の一部になっているようだ

明治ガラス乾板

江戸にタイムスリップしても困らないよう

2016/05/27  

興味があってくずし字を独習中。大好きな「JIN-仁-」をみて、当時の人々と今の人との間にどれぐらいの違いがあるのだろうと興味を持った。

天誅!

これで最後だ!4たびのタイトル変更

2016/05/25  

前のタイトルも悪くはないのだけど、どうも動悸はしてもワクワクしないといった感じだったので4度目のタイトル変更を自爆覚悟でおこなった。

天河朝

週末田舎通いのルーツはオートキャンプ

2016/05/20  

子供たちが中学生になるぐらいまでの何年か、畑を始める直前まではオートキャンプにはまっていた。今と違い、子供たちも一緒だったのだから、これはまた貴重な時間だったといえる。キャンプの期間が終わってすぐ農園を借りた。始めた当初は本当に何も知らなかった。

OMRON EM-6321T

血圧が突然急上昇するのは?

2016/04/29  

血圧が上昇気味だったが、昨日会社で調子が悪くなって測ったら180強だったので不安になる。帰りにヨドバシで手首血圧計を買ってきた。何回か計測してみたがその後は正常値ばかり。食事減量や運動、腹式呼吸などを継続して正常値の維持をめざそうとおもう。

ふくろう

スティンガー7にアップデートしました

2016/04/21  

ワードプレスのテーマをスティンガー6からスティンガー7に更新しました。まだあまり知識はありませんでしたが、なんとか前と同じような外観に戻すことができました。ただ、スマホとかタブレット、他のブラウザーでもいけているかまでは確認できていません。
落ち着いたらソースの読み込み頑張らなきゃ。

ウドン

ウドン文化圏人の蕎麦打ちは食べ飽きるので続かない

2016/02/04  

実は私も家内も、讃岐文化で育った伊予人なので、ウドンにはとてもうるさい。なので、蕎麦の美味しさってわかっていないかもしれない。自分で打った蕎麦は確かに美味しく感じた。でも、どこか左脳で味わっているような美味しさなのです。

OSAKA Station

定年がやってきましたがまだ何も準備が出来てない

2016/01/27  

気が付けば定年だ。とっくに終わっていたはずのマンションローンもリーマンショックのおかげでまだ残る。実家は空き家だ、子供たちは自立するそぶりも見せない。ただただ、日々あっちに傾いたり、こっちに傾いたりと、うろうろする様を綴っていく事とします。