「 いまどきのシニア 」 一覧

シニアと呼ばれる年代になってしまったよ

シニア大学

シニア、あるいは高齢者大学で学ぶって?

2016/06/13  

シニア向けのなんとか大学って今はやっているみたいですが、本当にそこで時間潰してていいのかな。ただ人と楽しく過ごしたいというのならもっと良い方法があるはずです。また学校へ行くにしてもわざわざ自分をシニア枠にはめ込まないでクロス世代で学べる場所の方がお互いが活性化して良いのじゃないでしょうか。

DVD ワイルドバンチ

ワイルドバンチ・1969・サムペキンパー

2016/06/10  

昔から大好きなサムペキンパー監督のワイルドバンチを観た。何度観ても味わいつくせない映画だ。こちらがしょぼくれそうになるたびに勇気付けられる。老いと死はいずれ近い未来にやってくるのだがそんなものに惑わされることなくその日まで輝いていたいものである。

朝日とツバメファミリー

滞在型住宅付き農園でうんざりすることはないのか夫婦仲

2016/06/03  

滞在型住宅付きに区画移動したご夫妻がいる。以前はいつも一緒に来ていたが移転してからは顔を突き合わせる時間が長くなりすぎたのか交代に来るようになった。別々に来るようになってからはますます顔色もよくいきいきとしてきた。夫婦とはいえ束縛は次第に解放に向うほうがいいようだ。

ランニング

介護保険はできれば使わない為に本気で自分の健康管理しよう

2016/06/01  

団塊、ポスト団塊世代という分厚い層が健康で過ごせるかどうかという事は、国の予算に影響する重要な課題である。つまり自身の介護予防や健康管理を行うことは、これからは自分のためのみならず行政にとっても重要な施策になる。まずは自力で健康増進に取り組まなければならないのだが、そのポイントはバランス良く実施することにある。

カフェ

孤独に陥らない為もっと意図的に人に向き合う必要性

2016/05/30  

周囲にお酒を制限せざるを得ない人が増えて、飲み歩く機会が激減ししたりして、人と楽しく雑談をする機会がめっきり減り、気のおけない人とどうでもいいことをしゃべり倒す時間も減った。退職して仕事にも行かなくなった日には、こんな状態が、もっと増幅されるのだろうなと思うと、いまから何とかしなければいけないとあせりを感じてしまう。

お遍路

好きで自分のことをシニアと称しているわけではない

2016/05/17  

シニアの人たちがシニアの事を語るときたいていそれは自分のことではないと思っている。私もそうだ。ここにシニア、シニアと書いているのは検索対策上やむを得ずのことなのである。前向きなシニアにとって触れたくない言葉だが、やがて世の中は意欲旺盛だが身体はポンコツの彼らばかりになる。

SunnySide

葬式もお墓も新仕様にしないかい

2016/05/15  

費用ばかりかかる従来形式の葬儀はそろそろ時代にそぐわなくなっているのではないか。葬式ばかりでなくお墓も形骸化している割に費用と空間を使いすぎている。散骨やもっとコンパクトな葬送を法律に適合した新しい文化として受け入れる社会が必要ではないか。

紙人形

仏壇のマンション仕様

2016/05/12  

実家をたたまないといけないと考えたとき、避けて通れないのが仏壇や位牌の処遇。狭い部屋に引越しさせるにはコンパクト化が必要だがどうすればいいのだろう。それはさておき田舎で小さいお位牌と墓石の戒名入れを依頼した。リモートでもスムーズにやってもらうことができた。お墓の問題とかまだまだ課題が多いです。

はんこ

毎月5万円の不要費を浮かした

2016/05/03  

収入が減れば支出を見直さなければならない。それまで絶対に欠かせないと思っていたものでももう一度本気で見直せば必要ないものかもしれません。我が家は見直しで5万円弱節約しましたが実行してみたらどうって事はありませんでした。

お遍路めぐり

定年退職後も会社人間を引きずる人

2016/04/27  

定年退職した男性で、これまで仕事一筋でこれといった趣味もない人は、興味も無いような内容でも市民講座等を受講しまくるらしい。暇で行くところがなくて、自己だと勘違いしていた肩書きが消えて喪失感半端無く、どこか人の中に混じらないと耐えられなくなるのだそうだ。肩書きの威力が忘れられない人や人を物差で計ろうとする人。そういう人が特に退職男性に多く居るようです。

かぼちゃ

ブログを書いていて思う気をつけないといけない事

2016/04/25  

それ程スキルの高くない私が言うのはおこがましいですけど、ブログやフェースブック、ツイッター、その他メールなどの文章を書くための唯一つのルールなどありません。ここに書いたようなことその他の、いくつかのルールに沿ってひたすら書きまくれば、誰でも書く技術は備わるものだと思います。

麦藁帽子

60過ぎたら林住期、俗世から開放されるべきだが、さて

2016/04/22  

「林住期を往く」にタイトルを変更しました。林住期とはインド哲学の教えで、人生を4つの区切りに分けた四住期の中の1期の事で、今で言うと60歳ぐらいからでしょうか、定年という区切りと重ねることができると思います。命を繋ぐため、家族を支えるために生きることを果たし終え、自分が本当にやりたいことの為に生きましょうという期間です。狭い自分や家族だけの関係から、世界全体から自分に求められることの為に生きる事へと転換します。世間のしがらみから自分を解放していかに輝いた命にできるかということでしょう。

可憐

シニアのいまさらブログは自身の楽しみのために

2016/04/18  

暇になればあれこれゴソゴソ行動を始めます。行動を始めたら記録に残したくなります。さて、ブログやSNSでも始めてみようかという方も増えるかと思います。そこで何をどう綴っていくのかということを、技術的なこと等は抜きで私が大事と思える点のみ列挙してみます。テーマ、1記事1内容、日常些事は程々に、好きな人に話す様に、短く簡潔に、個人情報に注意、楽しくない話題は避ける等々。

くもの巣

年金決定通知書が届いたほぼ支給停止状態

2016/04/05  

年金決定通知書が届きました。50万もの支給停止に愕然としてます。60歳代全般は年金をあてにはできない。65歳まではしっかり働けというシステムなんですね。

鉄塔のある集落

家を出てきた親世代と家を出ない子供世代

2016/04/01  

我が家の子供達の友人や、大阪の友人の子供達は、多くができれば結婚するまでは親と一 ...

小銭

収入は減る一方なので

2016/03/17  

特別支給の老齢厚生年金だけでやっていけるものではない   私はこの2月 ...

滞在型住宅付

田舎で車は高齢者ドライバーの日常生活の足

2016/02/22  

田舎では公共交通機関が不便なので高齢になっても免許証を手放せない状況である。
やむをえず乗り続けて、軽い事故を起こすことも頻繁にある。しかし、大事故を起こす前にやめようとしてもなかなか判断が難しく勇気が要るのが現状だ。

ここで堆肥を発酵させます

市民農園10年通うと世代も代わる

2016/02/08  

13年通った農園、最近誰とも出会わないことが多い。人も大きく入れ替わった。なんだか楽しさが減ってきている。また春になれば賑わうのだろうか。

蕎麦打ち

田舎暮らしといえば蕎麦打ちだと思ってる

2016/02/03  

単なる思い込みに過ぎませんが田舎暮らしと言えば蕎麦打ちでしょうと、前々から教えてもらいに行くところを探していました。ようやく見つけて3回ぐらい通ったら冷凍蕎麦が溜まりすぎてしまいました。

untitled

こんな日が来るとは・年金請求しました

2016/01/29  

年金請求の為、戸籍謄本を郵送取り寄せしました。まだまだそんな年だという実感はわきませんね